本項でいう「法」とは労働基準法、「施行規則」とは労働基準法施行規則をさします。

年少者と最低年齢に関する事項のあらまし

1.最低年齢
法第56条
 満15歳に達した日以後の最初の3月31日が終了するまでは、児童を労働者として使用してはならないことになります。
 ただし、非工業的事業では満13歳以上、さらに、映画製作・演劇の事業では満13歳未満の児童でも
  1. 健康・福祉に有害でない軽易な作業
  2. 所轄の労働基準監督署長の許可
を条件として、例外的に修学時間外に働かせることができます。
所轄の労働基準監督署長の許可

2.年少者の証明書
法第57条
 年少者(満18歳未満の者)を使用する場合には、年齢証明書を、児童を使用する場合には、さらに学校長の証明書、親権者の同意書を事業場に備え付けておかなければなりません。


このページのトップに戻る

労働基準監督官の募集・採用

相談窓口一覧

群馬労働局 〒371-8567  前橋市大手町2丁目3番1号 前橋地方合同庁舎8・9階
                  〒371-0854  前橋市大渡町1丁目10番7号 群馬県公社総合ビル9階  

Copyright(c)2000-2011 Gunma Labor Bureau.All rights reserved.