厚生労働省 群馬労働局

> サイトマップ > お問い合わせ> よくあるご質問
ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 安全衛生関係 > 群馬労働局 STOP!転倒災害プロジェクト

群馬労働局 STOP!転倒災害プロジェクト

 (はじめに)

 stop転倒災害pj.png

 群馬労働局管内における労働災害による休業4日以上の死傷者数(以下「死傷者数」という。)は、平成23年までの長期的な減少傾向が平成24年以降増加に転じています。

 この死傷者数を事故の型別に分類すると「転倒災害」が最も多く、特に平成26年は大幅に増加し、全体の27.6%を占める結果となりました。

 そのため群馬労働局では平成27年1月29日~12月31までの期間「群馬労働局 STOP!転倒災害プロジェクト2015」を立ち上げ、転倒災害防止の推進を図り、その結果、平成27年は平成26年と比較すると24.6%と大幅な減少となりました。

 しかし、依然として全死傷者数に対する転倒災害の占める割合が高いため、「群馬労働局 STOP!転倒災害プロジェクト」の要綱を定し、引き続き転倒災害防止に取り組むこととしました。

  

 

 

 

  


重点取組.png 

(転倒災害とは?)

 

 転倒災害とは、人がほぼ平面上で転ぶ場合をいい、つまずき又はすべりにより倒れた場合等をいいます。

 

≪業種別発生状況≫

 業種別に転倒災害発生件数をみると、製造業が最も多く、次いで商業、接客娯楽業、運輸交通業、保健衛生業の順となっています。

 

 製造業の中では、食料品製造業が約4割を占めています。

 

 商業の中では、小売業が最も多く発生しています。 

 

≪被災の重篤度≫

 転倒災害は、骨折などの休業日数30日以上となる重大な災害が約6割を占めています。

 

 長期の休業(長期の療養)は膨大な労働損失となり、被災者本人のみでなく事業場にとっても、看過できない深刻な災害といえます。

 

 


(転倒災害の原因は?)

 

 転倒災害を起因物別にみると、「通路」での発生が最も多く、「作業床・歩み板」、「階段・さん橋」を合わせるとおよそ半数となっています。

 

 通路、作業床・歩み板での災害原因としては、通路等が水や洗浄材等により「すべり」易い状態によるもの、また、通路等に材料や製品などが置かれていることにより「つまずく」ものが多くなっています。

 

 また、冬季における雪や凍結により「すべる」ものが多くなっています。

 

 転倒災害の被災者は、50歳以上が全体の約6割近くを占めています。これは加齢による体力の衰え・身体機能の低下が考えられますが、加齢により瞳孔が小さくなり目に入る光量が減少することから、照明にも十分な配慮が必要です。

 

 これらのことから、単に本人の不注意・過失によるもの以上に労働環境に原因があると言えます。

 

 


 (転倒災害を防止するには?)

 

 転倒災害は、労使が真剣に取り組めば、転倒災害を激減させることができると考えます。

 

 被災者本人の注意力のみに頼るだけでは到底、防ぐことはできません。

 

 転倒災害防止に取り組むことは、作業能率の向上にも繋がります。

 

≪主な転倒災害防止対策≫

  • 4S(5S)活動の推進
  • 床面や通路は、くぼみ、段差のない滑りにくい構造のものとすること。
  • 床の水たまりや氷は放置せずその都度除去すること。
  • 履物は滑りにくく安定したものにすること。
  • 作業場所や通路など、行動中の照明を確保すること。
  • 指差し呼称など、安全を確認してから次の動作に移ること。
  • 走らないこと。
  • 筋力の衰えを防ぐこと。
  • 安全衛生管理体制の確立
  • 転倒にかかるリスクアセスメントを実施すること。

 

  


(参考資料)


このページのトップに戻る

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 027-896-4736

労働基準監督官の募集・採用

相談窓口一覧

群馬労働局 〒371-8567  前橋市大手町2丁目3番1号 前橋地方合同庁舎8・9階
                  〒371-0854  前橋市大渡町1丁目10番7号 群馬県公社総合ビル9階  

Copyright(c)2000-2011 Gunma Labor Bureau.All rights reserved.