厚生労働省 群馬労働局

> サイトマップ > お問い合わせ> よくあるご質問
ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 安全衛生関係 > 労働災害防止に積極的な企業を紹介します!!

 労働災害防止に積極的な企業を紹介します!!

 群馬県内の休業4日以上の死傷者数(以下「死傷者数」という。)は、長期的には減少傾向にありましたが、平成24年及び平成25年は2年連続して前年より増加しました。

 

 また、第12次労働災害防止計画に基づく群馬労働局推進計画(以下「群馬局推進計画」という。)の初年(平成25年)の目標値(前年比4%減)についても達成できていません。

 

 当局では、この死傷者数の発生状況を改善するため労働災害防止の各種施策を実施しているところですが、このたび、労働者の安全と健康確保に積極的に取り組んでいる企業(業界団体からの推薦企業を含みます。)による活動内容をご紹介します。

 

 なお一層の労働災害防止を図り、安全で快適な職場づくりを目指しましょう。

 

 

 1.平成25年~26年に無災害記録を樹立した事業場(建設工事現場を除く) 

※記録証
の種類
 事業場名  所在地
25 2種  信越化学工業(株)群馬事業所松井田工場  安中市松井田町人見1-10
2種  NSKニードルベアリング(株)高崎工場  高崎市八幡町358
3種  (株)タクマテクノス大泉事業所  邑楽郡大泉町上小泉330-1
26 2種  NSKステアリングシステムズ(株)総社プラント  前橋市総社町1-8-1

 ※無災害記録証とは…
 厚生労働省では、一定の期間において労働災害を発生させなかった事業場に対して、無災害記録証を授与しております。これは別添1の「無災害記録証授与内規(99KB; PDFファイル)」に基づいて、無災害であった労働時間数に応じて、第1種から第5種までの5段階の無災害記録証を授与できる制度で、事業場からの申請に基づいて、厚生労働省労働基準局長名の無災害記録証を授与いたします。
 無災害であった労働時間数は業種によって異なることのほか、労働者数が100人未満であるか、100人以上であるかによって異なります。どの水準で定められているかは、※※別表第1の「第1種無災害記録時間数(646KB; PDFファイル)」を参照してください。

 (※※別表第2~第5は省略)
 

 

  2.業界団体からの推薦企業

 ・興研(株)群馬テクノヤード (みどり市笠懸町久宮381-1)(154KB; PDFファイル)

 ・小林工業(株) (前橋市表町2-11-8) (322KB; PDFファイル)

 ・石川建設(株) (太田市浜町10-33) (149KB; PDFファイル)
 ・池原工業(株) (吾妻郡東吾妻町原町160) (182KB; PDFファイル)
 ・田畑建設(株) (藤岡市小林326) (186KB; PDFファイル)
 ・(株)倭組 (藤岡市浄法寺686-7) (229KB; PDFファイル)
 ・旭石材工業(株) (渋川市村上3632) (632KB; PDFファイル)
 ・(株)ボルテックスセイグン (安中市原市432) (551KB; PDFファイル)

 ・(株)新鮮便 (伊勢崎市間野谷町1-20) (167KB; PDFファイル)
 ・堀越運輸(株) (前橋市鳥羽町431-1) (212KB; PDFファイル)

 ・明星電気(株) (伊勢崎市長沼町2223) (609KB; PDFファイル)

 ・(株)山田製作所 (伊勢崎市香林町2-1296) (128KB; PDFファイル)

 

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 027-896-4736

労働基準監督官の募集・採用

相談窓口一覧

群馬労働局 〒371-8567  前橋市大手町2丁目3番1号 前橋地方合同庁舎8・9階
                  〒371-0854  前橋市大渡町1丁目10番7号 群馬県公社総合ビル9階  

Copyright(c)2000-2011 Gunma Labor Bureau.All rights reserved.