厚生労働省 群馬労働局

> サイトマップ > お問い合わせ> よくあるご質問
ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 安全衛生関係 > 労働者の就業に当たっての措置

労働者の就業に当たっての措置

安全衛生教育
 事業者は、労働者の雇入れ時のみならず、作業内容を変更したとき、危険または有害な業務に就かせるときには、安全衛生教育を行わなければならず、職長等に対しても、一定の教育を行わなければなりません。
 特に職長等に就任する者については、作業方法の決定、作業配置、部下の指導監督の方法等の教育の実施が義務づけられています。
   ○安全衛生特別教育一覧はこちら

就業制限
 発破、揚貨装置の運転、ボイラーの取扱い、ボイラー等の溶接、クレーンの運転その他の業務で、政令で定めるものについては、都道府県労働局長の免許を受けた者または当該業務に係る技能講習を修了した者その他一定の資格を有する者でなければ、当該業務を行うことができません。
   ○就業制限と必要な資格はこちら

労働基準監督官の募集・採用

相談窓口一覧

群馬労働局 〒371-8567  前橋市大手町2丁目3番1号 前橋地方合同庁舎8・9階
                  〒371-0854  前橋市大渡町1丁目10番7号 群馬県公社総合ビル9階  

Copyright(c)2000-2011 Gunma Labor Bureau.All rights reserved.